マイルを貯める一番おすすめの方法。年間150万マイル!

マイルを貯める方法とは?

マイルを貯める方法には、飛行機に乗ったり、クレジット決済でポイントを貯めるなど、いくつかありますが、大量のマイルを貯めるのに一番良い方法は、
ポイントサイトTOKYUカードを使った「TOKYUルート」の活用です。

tokyuルートANA

ポイントサイトから、ポイント合算型サイトの「.money」、TOKYUカードの「TOKYUポイント」へ移行して、ANAマイルへ交換する方法で、 75%でANAマイルに変換することができます。

TOKYUカードを発行しよう

マイルを貯めるうえで必須となるクレジットカードが

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

tokyuカード

ANAマイルへの交換率は75%
75%でANAマイルに変換できるのはANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードだけです。

anaマイルに交換
  • TOKYU⇒ANAへのポイント移行上限なし
  • 移行完了は1週間

カードのスペックは以下の通り

年会費2200円(初年度無料):家族カード1100円
ボーナスマイル入会・継続:1000マイル
旅行傷害保険海外旅行/1,000万円 国内航空/1,000万円 国内旅行/なし
国際ブランドMaster
交通系ICPASMO
ポイントサービス200円につき1ポイント:有効期限は加算月から2年間

目的は大量マイルを入手することですから、カードとして使う必要はなく、TOKYUポイントをマイルに交換するもので、
ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに変換する中継として使います。

モッピーでポイントを稼ぐ

ポイントサイトでたくさんのポイントを貯めるなら「モッピー」がおすすめです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーは還元率が高く無料コンテンツも充実したバランスがとれた稼ぎやすい優良ポイントサイト。

モッピーを利用してマイルに変換できるポイントを貯めていきます。

例えば、主婦でも発行できる楽天クレジットカードの案件だと、

moppy_rakutencard

カード発行だけでモッピーポイントで8000円を獲得できたりします。

そこにプラスして楽天側の楽天スーパーポイントが5000円以上配布されますので、
普通に発行するよりポイントサイトを経由させた方が断然お得になります。
ポイント増額時期(主に週末が多い)だと、一気に1万マイル分を稼ぐことも可能。

クレジットカードの案件は高額報酬が多く、数万円単位で稼げます。

他にも証券口座開設、モニター案件、楽天市場やYahooショッピングなど、 高額案件を取り組みつつ、生活サービスのあらゆる支払いをポイントサイトを経由させ、尚且つカード決済して、ダブルでポイントを稼いでいくのがおすすめです。

モッピーとハピタスを比較する

ポイントサイトからマイルへの交換方法として、他のブログなどでは「ハピタス」が紹介されています。

確かにハピタスは、取り扱う広告件数・高い還元率など優秀なポイントサイトです。

高額収入の柱となるお友達紹介でも、モッピーは10%還元に対してハピタスは最高40%還元もあります。

しかしながらハピタスには1つ弱点があります。

ハピタスのポイント交換の上限は月間3万ポイントまでしかできません。

つまり、どれだけ稼げても毎月のマイル交換には限度があるのです。

対してモッピーの報酬ポイントは翌日に反映されるので、毎日交換が可能です。

参考ながら、モッピー友達報酬の毎日ポイント付与の一例です。

moppy_down

紹介していくほどより多くの報酬ポイントを稼ぐことができるのです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

▲モッピーはバナーから登録で2000ポイントもらえます▲

もちろん、モッピーを主軸にハピタスなどの他のポイントサイトを併用させると、より多く稼げるのは言うまでもありません。

.moneyにポイント移行する

ポイントサイトのポイントを「.money(ドットマネー)」に移行させます。

ドットマネーマイル

.money(ドットマネー)」とは、ポイントサイトなどの各社のポイントを.moneyに統合させ、そこから電子マネーや現金に交換できる総合ポイントサービスサイトです。

この.moneyからTOKYUポイントへ移行させるわけです。

参考:.moneyの利用方法

ポイントサイト ⇒ .money ⇒ TOKYUポイント ⇒ ANAマイル

手順は多そうに見えますが、実際にやってみると意外とスムーズで簡単です。

また、TOKYUまではポイントが減ることなく等価交換になります。

注意点

①:.money ⇒ TOKYUへは、1日~15日申請分は申請月の下旬頃、16日~末日申請分は翌月の中旬頃に移行されます。

②:月間移行上限は10万ポイントです

TOKYU ⇒ ANAマイルは75%還元ですから、
TOKYUルートは月間7万5000マイル、年間90万マイル貯めることができます。

年間これだけの大量マイルが手に入れば、
夫婦で毎年ハワイに行けたり、家族4人で季節毎に国内旅行を満喫できますね。

もっとマイルが欲しい

75%のTOKYUと比べると還元率は落ちますが、少しでもマイルが欲しいという人には

「Tポイント」からのルートがあります。

Tポイントルート

還元率は50%

  • 移行上限なし
  • 申請後、約10日後に貯まります。

但し、.money ⇒ Tポイントへな、TOKYUと同じく月額移行上限10万ポイントになります。

通常は使うことはないでしょうが、TOKYUで上限を迎えてしまい、それ以上にマイルが欲しい人向きです

TOKYUルートで最高90万マイル

Tポイントルートで最高60万マイル

2つのルートを駆使した場合、年間で最高約150万マイルを獲得できます。

JALマイル実質80%の還元

ポイントサイト_jalマイル
スカイボーナス特典

2つの条件を満たすと4500ポイントが付与されます。

  • 「JALドリーム」マークのついた広告を、合計15,000Pt以上利用
  • 1回の交換で、12,000PtをJALのマイルに交換する

モッピーでは「JALマイレージバンク」への交換レートは2ポイント=1マイルなので、12,000Ptをマイルに交換すると6000マイルになります。

さらに広告利用によってスカイボーナス4500ポイントがもらえるので、実質80%の高還元が可能になるわけです。

JALマイルも上手に活用しよう

マイルはANAが人気ですがJALも負けてはいません。

面白く尚且つお得なキャンペーンを打ち出しています。

どこかにマイル

往復6000マイルで国内線のどこかに行くことができます。

1:発着地、日付、人数、時間帯を入力

2:4つの行き先候補が表示され、気に入れば申し込み

通常の約半額で行けるわけですから、旅行先をキャンペーンから決めるという方法も使えます。

マイル貯め方まとめ

直接ANAを利用したり、クレジット決済で貯める以外に、ポイントサイトで稼ぐことで大量のマイルを獲得できます。
ポイントサイトから数回経由しますが、ほぼ75%還元でマイルに変換できるのはTOKYUだけ。マイルを貯める人には必須のカードです。

TOKYUからの上限は無いが、.moneyは月額10万の上限がある為、TOKYUルートは月額最高7万5000マイルとなる。

上限以上にマイルを増やしたい場合、50%還元のTポイントルートもある。

ポイントサイトのおすすめは「モッピー」ですが、
おすすめのポイントサイトから複数登録して、.moneyにポイント合算させると効率が上がります。

ポイントサイトを始めるのに遅い早いは全然関係ありません。
私より随分遅く始めた人、最近始めた人でも高額ポイントを稼いでいる人は大勢います。
マイルを貯めるのも良し。現金にするのも良し。
ポイントサイトをどんどん活用していきましょう。

ポイントサイトのおすすめへ戻る

タイトルとURLをコピーしました