Amazonはこの方法でポイントサイトを経由すれば一番得になる

Amazonを利用する際、どこのポイントサイトを経由させれば還元率が一番高くなるのか?

送料無料で最安になることが多いAmazonは、残念ながらどこのポイントサイト経由でも基本的にポイント獲得対象外です。

けれども、ちょっとした方法でAmazon利用でポイントが付くサイトがあります

・特典によりポイントが付く方法

・支払い方法を工夫することでポイントを稼ぐ方法

誰でもできる簡単なものです。

ランクボーナスを稼ぐ

「ECナビ」を利用しましょう。
ポイントは付きませんが、Amazonを利用すると、会員ランク制度のランクアップ条件となる広告利用回数にカウントされます。

最高ランクになるには、通常のショッピングとAmazon利用を合わせることで、意外と楽に達成できると思います。

会員ランクアップ条件とランクボーナスは以下の通り。

ECナビ
amazonポイントサイト経由
過去6ヵ月間の条件 ショッピング ウェブ検索 アンケート
ゴールド 承認回数15回
獲得ポイント3,000pt
+15% +20% +5%
シルバー 承認回数5回
獲得ポイント1,000pt
+5% +10% +1%
ブロンズ 承認回数1回
獲得ポイント100pt
+2% +4% +1%

※ポイントレートは「1P=0.1円」

ECナビでは「100万ポイント山分けキャンペーン」を毎月開催していています。

ECnavi_amazon

参加条件は、前月のお買い物の承認回数が1回以上の方がエントリーでき、
期間中にお買い物の承認が1回以上あれば山分け対象となります。

Amazonも承認回数に入りますので、間接的にポイントを獲得できます。

Amazonをメインの人は、会員ランクを上げつつ、検索やアンケートの無料コンテンツなどのボーナスポイントを狙うのが良いでしょう。

Amazonギフト券が当たる

amazonギフトプレゼント

ECナビ経由でAmazonを利用すると、ギフト券が当たるキャンペーンが開催中です

  • ①:Amazonで3000円以上のショッピングで、抽選で20名に2000円分ギフト券
  • ②:ECナビ登録後Amazonを利用した100名に、500円分ギフト券

両方の条件を満たせば最大2500円分のギフト券があたります。

初めてECナビに登録する人には特に恩恵のある内容となっていますので、特典期間中(12/22まで)にエントリーしておきましょう。

Amazonギフト券が【必ずもらえる】

amazonギフト券もらえる

当ブログの下記バナーからECナビに新規登録してポイント交換を行うと、
必ず1000円分のAmazonギフト券がもらえます

上記のギフト券が当たるキャンペーンと併用可能です。

ECナビ

▲バナーからECナビ登録すると3500ポイント獲得できます

つまり、バナーからECナビに登録するとことで

  • ギフト券最高2500円が当たる
  • ギフト券1000円が必ずもらえる
  • 3500ポイントがもらえる

トリプル特典が得られるわけです。

ECナビの詳しい解説はこちら

ポイントサイトでAmazonのポイントが付かない理由

どのポイントサイトもAmazonを利用してポイントは付きません。これはAmazonとの契約上の問題で、Amazon側の意向により、どのポイントサイトでも付かないのが理由です。

なのでポイントサイト独自の特典を利用していく形しかありません。そういう意味ではECナビはAmazonと相性が良いのです。

Amazonでの支払いは楽天カードを使おう

Amazonでの決済は「楽天カード」で支払うと楽天スーパーポイントが稼げます。

楽天カード申し込み

100円毎に1ポイントが付きます。

楽天は買い物以外で、アンケート、バナークリック、検索、ポイントメールなど、
豊富な無料コンテンツがそろっていますので、他社のクレジットカードよりも圧倒的にポイントが貯まりやすいカードです。

Amazonの利用でポイントが貯まるクレジットカードは他社にもありますが、学生や主婦のような収入を持たない人には審査が通らず、誰でもできる方法とは言えません。

楽天に無料でポイント獲得できるコンテンツがあるのは、まさしくポイントサイトそのものであり、楽天を「買い物ができるポイントサイト」だと考えると、
Amazonの利用でポイントがつくポイントサイトは楽天」だと言えます。
そして楽天ポイントは手順を踏めば換金可能です。

楽天ポイントを現金化する方法


つまり「ECナビ」を経由して、山分けポイントと会員ランク条件を獲得しつつ、

支払いを「楽天カード」にすれば、楽天ポイントを貯めながら、ポイントサイトの特典も付く。
これが誰でも出来る最も堅実なAmazon活用術です。


◆ 合わせて読みたい ◆

タイトルとURLをコピーしました