SBI証券の口座開設の流れ【お得な方法を解説】

SBI証券口座開設

ネット証券で口座開設数700万以上を超える株式取引シェアNo.1のSBI証券。

最短5分で簡単に口座開設できるので、おすすめ度が高く、初心者から上級者まで多くの株式投資家に利用されています。

そんなSBI証券の口座開設の流れを初心者の方にもわかりやすく丁寧に解説していきたいと思います。

口座開設する前にポイントサイトを経由させるとお得!

普通に口座開設するよりも、ポイントサイトから申し込むとお得になります。

おすすめは「ポイントインカム」

ポイントサイト

ポイントインカム経由でSBI証券口座を開設すると、

ポイントインカム登録特典:550円

口座開設報酬:2000円

合計2500円以上のポイントがもらえます。

手順は簡単。
ポイントインカムでSBI証券を検索してポイントを貯めるを押すだけ。

ポイントサイト_SBI証券

あとは通常通り口座開設の手続きをすればOK。

口座を開設するだけで2000円以上稼げるのですから必ず登録して経由させましょう。

ここからの新規登録で550円もらえます

SBI証券の口座開設の流れ

ポイントサイトからSBI証券の公式ページに移動したら口座開設を行います

①メールアドレスを登録する

SBI証券_口座開設_流れ1

メールアドレスを入力して送信

SBI証券_口座開設_流れ2

登録したメールアドレスに6桁の「認証コード」が記載されたメールが送られてくるので入力します

②お客様情報の設定を行う

SBI証券_口座開設_流れ3

住所・氏名・電話番号などのお客様情報を入力

納税方法の選択
SBI証券_口座開設_流れ4

取引で利益が発生した場合、納税(確定申告)を自分で行うか否かの選択です

初心者の方は「SBI証券に任せる 特定口座 源泉徴収あり」を選択しておきましょう。

NISAの選択
SBI証券_口座開設_流れ5

NISA(ニーサ)は「少額投資非課税制度」のことで、一定の利益が非課税になる制度のことです。

SBI証券をメインで利用するなら申し込んでも構いませんが、あとからでも申し込めるので簡単に済ませる為に、申し込まないで進めます。

住信SBIネット銀行 口座開設同時申し込みの選択
SBI証券_口座開設_流れ6

SBI証券の口座開設と一緒に、同じSBIグループの住信SBIネット銀行の口座開設も申し込むかの選択です。

こちらもあとからできますので、申し込まないで進めます。

SBI証券ポイントサービス
SBI証券_口座開設_流れ7
  • Tポイント
  • Pontaポイント
  • dポイント

3つの中から1つを選んでSBI証券の中で使ったり貯めたりすることができます。

Tポイント現金化の為に口座開設するだけならTポイントを選ぶと良いです

迷うなら後から設定可能ですので申し込まないでも構いません。

③口座開設方法を選択

SBI証券_口座開設_流れ8

ネットか郵送か、どちらで口座開設手続きを行うかの選択。

簡単なネットを選びます

ここで『ユーザーネーム』『ログインパスワード』が発行されますので必ず控えておきましょう。

④本人確認書類をアップロード

SBI証券_口座開設_流れ9

先ほど発行された『ユーザーネーム』『ログインパスワード』でログインします

SBI証券_口座開設_流れ10

用意するもの

本人確認書類
  • マイナンバーカード
  • もしくはマイナンバーカードの通知カードと運転免許証などの本人確認書類

スマホなどで撮影してアップロードしてください。

これで手続きは完了です

もっとお得になる方法

ポイントサイトを経由させると約2000円の報酬が得られますが、
実はもっと報酬アップさせる方法があります。

それはポイントサイトの『ハピタス』を経由させる方法です

sbi証券_ハピタス

大幅アップの約6500円の報酬を得ることができます。

この大型報酬には条件があり、

  • 住信SBIネット銀行を開設
  • 5万円の一括入金(ハイブリット預金)

2つの条件を満たす必要があります。

ですが、ネット銀行の口座開設も5分で完了しますし、入金もポイント報酬が貰えれば引き出せば良いだけなので難しいことではありません。

余裕がある人はハピタス経由を利用した方がお得になりますよ。

ここからの新規登録で最大1000円分のポイントが貰えます

住信SBIネット銀行を開設やハイブリット預金の方法を知りたい人は下記を参考にしてください。

参考:ハイブリット預金とは?設定方法

タイトルとURLをコピーしました