楽天カードの審査に落ちる理由

楽天クレジットカード審査

審査が甘いと言われる楽天カードで、審査に通らない場合の
考えられる理由をまとめてみました


他社のカードで審査に落ちた経歴がある

以前に他社のクレジットカードの審査に落ちてしまっている場合、この情報が信用情報機関にてデータが共有されるので、審査に通りに難くなります。
他社で申し込んで審査に落ちた情報は、約6ヵ月間残りますので、期間を置いてリセットされるまで待ちましょう。



職業と支払い能力に不安要素がある

審査の甘い楽天カードではありますが、やはりクレジットカードである以上、「安定した収入」が審査の基準になります。
「安定した職業」「年収が多い」「勤続年数が長い」ほど審査に有利になります。
無職でも作れたという事例はよく聞きますが、スコアリングで、他の要素が良かった結果だと思われます。
審査は各項目を点数化(スコアリング)して、合計点数を機械で判断していますので、
無職であっても他の要素をクリアしていれば、確認の電話もなく、審査に通ります。
例えば、「家族と同居」「家族の年収」「居住年数」「固定電話」「運転免許証」など、
本人が無職ですが、住居と個人情報の証明があり、家族と同居していて、支払い能力があると判断されたのでしょう。
ですから、正直に無職と記入して、更に他の要素で支払いに不安があるような記入をすると、審査の甘い楽天だろうと落ちます。



キャッシング枠の設定が高い

キャッシングは、お金を借りるわけですから、ショッピングでの決済と違って「信用の塊」ですので、審査のハードルも格段にアップします。
収入に見合ったキャッシング枠を設定しなければなりません。
ショッピング決済で利用するためにカードを作りたい人は、キャッシング枠は必ず「0万円」で申請を行ないましょう。



過去に支払い滞納の経歴がある

携帯代金、家賃、ガス・水道・電気、年金など、各種公共料金の支払いが滞納すると、信用情報機関にその情報が登録されると言われています。
特に携帯電話機の分割購入は、ローンの1つですから、携帯料金の支払いが滞ると信用を失うことになります。
滞納期間が長い、または頻繁に滞納を繰り返しているなどのケースは「ブラック」として登録されてしまうこともあるようです。
また、奨学金の滞納は返済後も5年間は登録され続けるので、完済しているのに何故?なんてことになるので注意が必要です。



他社から借り入れがある

他社から借り入れがある場合には、審査に影響する場合もあります。
また、延滞なく支払いを行っていたとしても、借入件数、または借り入れ額が多過ぎる場合、落ちることがあります。



クレジットカードを大量に保有している

カードは利用されてこそカード会社の利益となります。
コレクターのようにクレジットカードを大量に保有している人に発行するような無駄はしたくありませんよね。


私も以前、他社のクレジットカードに申請して2度ほど弾かれた経験があります。
そのときは「何がいけなかったのだろう?」とわからなかったのですが、
よくよく振り返ってみると、
1度目は、収入等の支払い能力が低いのにキャッシング枠を設定していたようで、
2度目は、審査に落ちてから6ヵ月を待たずに再度申し込んでしまったのが原因でした。

審査に落ちた人は、まず最低6ヵ月は冷却期間を置き、
その間に何がダメだったのかを見直しましょう。



楽天の本音は審査を通したい

楽天カードが他社のクレジットカードと異なるのは、「楽天市場」という巨大なマーケットを保有している点です。

楽天カード

楽天市場はamazonと違って、小売店にインターネット上の店舗スペースを貸し出して、テナント料を徴収するシステムです。
出店を促して、長期的にテナント収益を得るには、市場に多くの利用者が求められますから、毎日のように大盤振る舞いなポイントキャンペーン実施しています。
楽天カードを使えば、ポイントは常に2倍貯まり、銀行振り込み手数料がかからず、カード決済なので商品発送が早い。
貯まったポイントにプラスして、また買い物をする。
利用者にとって良いこと尽くしですから、顧客の囲い込みに効果の高いアイテムです。

楽天カードはクレジットカードよりも、スーパーのポイントカードの意味合いの方が強いのです。

そして、お客がクレジットカードを使って買い物をすると、お店側はカード会社に手数料を支払います。
つまりテナント料+カード手数料の2重取りの利益となり、
楽天側はカードの利用者が増えるほど儲かります。


楽天では、銀行・保険・不動産・プロバイダー・公営ギャンブル・その他、日常のあらゆるものが利用できます。
サービス・購入・決済・銀行までを自社で一括して行えるのですから、
カードが広く普及すればするほど、グループ全体のシェアが拡大します。
楽天側にとって、クレジットカードは自社の市場規模拡大の鍵なのです。


カードを発行すればするほど儲かるわけですから、楽天からすれば、お札を刷ってるようなもの。
主婦や無職だろうと、買い物をして支払いさえしっかりしていれば、どんどん発行したいのが本音であり、

だからこそ、何千ポイントプレゼント!などのキャンペーンを毎日繰り返して、カード加入者を呼び込んでいるのです。
このような背景が、「楽天は審査が甘い」と言われている理由です。
ですから、無職だろうと怖がることはありません。
キャッシングには利用せず、支払い能力がありますよ。という、楽天が審査を通せるよう入力すれば、直ぐにカードを発行してくれます。


楽天カードは他社と比べて非常に効率良くポイントが貯まるカードです。
このポイントは一定のポイント数と手順を行えば換金することも可能ですから、
ネットショッピングだけでなく、街での利用、各種料金の支払い等でも活用して、
キャッシュバック頻度を高めるためには、絶対作っておくカードといえます。


実際にカードを作ってみましょう


◆ 合わせて読みたい ◆

楽天市場はどのポイントサイトを経由すれば一番お得になるか比較してみた