主婦・無職で楽天カードの審査に通る方法

主婦や家事手伝いでも審査に通りやすいカードが欲しい。
クレジットカードを作りたい方のために、申し込む際に注意する要点を画像付きで詳しく解説します。

楽天市場やAmazonなどのインターネット通販の決済にクレジットカードを使いたい。
プロバイダ料、電話などの公共料金の支払い用にクレジットカードを使いたい。
ポイントは貯まって、決済が楽ですからね。あれば非常に便利です。

正社員でなくても、「学生」、「派遣登録」、「自営業」、「家族カード」の何れかの記入で、ほぼ審査に通ります。


では無職はどうなのか?


大丈夫、通る方法があります。


実際に「楽天カード」を作りました

rakuten-card-musyoku1

当時の私は一般的には無職と見られてしまう立場でしたが、審査に受かりました。


check 審査に受かるコツは正直に無職とは書かないことです。
嘘はいけませんが、記載方法を工夫することで審査に受かりやすくなります。


あなたは無職ではありません。自営業です。

無職や家事手伝いの方がクレジットカードの審査を申し込む際、
一番の問題が職業に関する記述。
クレジットカードが職業を必要だといってるのに、自分には職がない。
普通なら「クレジットカードの審査なんて通るわけがない」と考えてしまいがちです。

多くのサイトが、派遣社員に登録しよう、パート・アルバイトを行う、通信制の学生になって学生証を入手する。などの解決策を提示していますが、
そもそもそれが出来ないから、無職で申し込もうとしているわけですよね。


無職で審査を通すにはどうするべきか?


発想を転換すると、実に簡単に解決します。

自営業になれば良いのです。

自営業といえば、店舗を構えて商売を行うイメージですが、インターネットが普及したことで、自宅からネットを活用して収入を得ている人は珍しくなく、 こういった方々は無職ではなく自営業になります。
例えば、

rakuten-card-musyoku2 ・ブログにアフィリエイト広告を貼る
・オークションで物を売る
・ポイントサイトでポイントを貯めて換金する

年収1万円であろうと、これらもネットを活用した立派な自営業です。
自営業者であれば収入が少ない方も大勢居ますので不自然ではありません
近年では、ネット上で文章記事や簡単なタスクを行って報酬を得るクラウドソーシングで収入を得ている人も多く、
あなたも上記のようなことをやれば自営業であり、虚偽の申請ではありません。

最も簡単なのはポイントサイトで、クラウドソーシングコンテンツもあり、多くの人が実践して継続的に稼いでいるのでオススメです。

これらもネット上での仕事の一種であり、名実共に自営業を名乗る事ができるのです。
在宅ワークだって、パート、アルバイトなどと同じく「職業」ですから、
無職と比較すると、クレジットカードの審査が通りやすくなります。


とはいえ、年収の低さには不安が残ります。
ならばここでも考え方を変え、家族と同居していることを活用します。
自営業は家族と共に営んでいるとして、
それを合わせた収入ならば相応な年収になりますから、
支払い能力があると見なされます。


基本的にクレジットカードの審査は、機械による「自動審査」で行われるので、
よほど逸脱した内容を記載しない限り、電話はかかってきませんし、弾かれることもありません。
何も正直に「無職」と記入する必要はありません。
クレジットカードの審査は、スコアリングと呼ばれる点数制で、申込書に記載されている内容に点数付けを行って審査しています。
高い点数評価を得られるよう、虚偽はいけませんが、支払い能力があることを伝えることは大切です。
当然ながら、職と収入だけでは、確実に審査に通るとは限りません。
「固定電話」「居住年数」「運転免許証」など、スコアが良くなる要素はしっかり揃えておきましょう。



申し込み手順を画像で解説

申し込み手順を画像で解説していきます。
先ほど説明したようにネットを活用した収入があれば自営業者ですから
その手順での要点を説明してゆきます。
実際に楽天カードに申し込んでみましょう。


楽天カードサイトから申し込みへと進み、
入力フォームが表示されたら、以下の点に注意しながら必要事項を入力していきます。


基本情報の入力①

rakuten-card-musyoku5

私はJCBですが、ネット決済で困ったことはないので、どちらでも構いません。

「家族カード」・「ETCカード」・「Edy」は後から申し込みできますので、まずは確実に簡単にカードを作るために、申し込まないにチェックして進みます。




基本情報の入力②

rakuten-card-musyoku6



基本情報の入力③

rakuten-card-musyoku62

「住居年数」は把握しているおおよその年数で構いません。

「他社からの借入金額」は借り入れしていない人には関係ありません。

カード利用目的が「現金の借り入れに利用」だと審査が通り難いから注意。

「金融機関選択」は、自分の口座を選択。




基本情報の入力④

rakuten-card-musyoku7

キャッシングリボの選択は「指定しない」ままで無視。

※ネットを活用した自営業で、同居する家族と共に営んでいるものとして、
年収欄はそれを書くとよいでしょう。

要は一定の支払い能力があるかを見ているわけです。




基本情報の入力⑤

rakuten-card-musyoku8

※「預貯金額」は、多すぎず少なすぎず。確認はされないのでおおよそで構いません。

※「世帯年収」は、本人収入+α。ここも確認はされないのでおおよそで構いません。

要はしっかりと支払える能力があれば良いのです。

よほど逸脱した記入で無い限り、自宅に電話はまずかかってこないので大丈夫です。

最後に「会員規約の同意 入力内容の確認」を行い、
「楽天カードを申し込む」ボタンを押すだけ。


これで楽天カードの申し込みは完了です。



要点だけ気をつければ、入力自体はとても簡単。10分程度で終わります。

審査は厳しくないので、数分~数時間以内には審査結果のメールが届きます。

審査が通ると直ぐにカードの発行となりますので、あとはカード到着を待つだけです。


楽天ポイントは「現金化する方法があります」ので、カードを取得してお得に活用していきましょう!

必ずポイントサイトを経由させよう

楽天ではカードを発行すると、5000pt以上がもらえるキャンペーンを常時開催していますが、 申請時にポイントサイトを経由させることで、ポイントサイト側のポイントも稼げます。

  • (例)楽天7000pt + ポイントサイト5000pt ⇒ 合計13000円

ポイントサイトはフリーメール1つで簡単に登録できます。

使い方は、たった2ステップ

  1. ポイントサイトで「楽天カード」を検索
  2. 楽天カードのサイトへ飛んで申請する

これだけでOK

増額キャンペーンを狙おう

ポイントサイトでは楽天カード発行に貰えるポイントが一気に数倍になるキャンペーンを多々開催しています。

1万円を稼ぐ

「ハピタス」や「ポイントインカム」等では、金/土/日曜の週末に集中して開催されているので、タイミングよく利用すれば、1万円以上を稼げますよ

おすすめのポイントサイトをこちらで解説していますので参考にして下さい。


※重要※

ポイントサイトを経由させる場合、必ず新しくブラウザを起動させてから、
[ポイントサイト]⇒[楽天カード]の手順を行って下さい。
この時、関係のない別ページへ移動してしまうと、ポイントサイト側のポイントが承認されなくなりますので注意して下さい。