ポイントサイトの危険性の真相を語る。ここは危ない!

初めてポイントサイトを利用しようと考えている人にとって、
「みんながおすすめしてるけど、危険性は無いの?悪質サイトに騙されたりしない?」と不安があると思います。
その辺りを詳しく説明します。

確かに危険性のあるサイトは存在する

ポイントサイトというサービスが目新しかった頃は、大小さまざまな会社がたくさんサイトを立ち上げて、 大々的に宣伝するも採算が取れずに、あっという間に廃業するという意味での危険性でした。

現在は利用者の間で情報交換が盛んに行われており、安全性が高い大御所サイトが定番化され、 リスクあるサイトが出来たとしても誰も寄り付かないので直ぐに消えていきます。

しかしながら巧妙に姿を変えて利用者を騙している危険サイトは未だ存在するのも事実です。


危険なサイトとは?

ポイントサイト危険性1

最近は一見すると普通のサイトを装う悪質な手口が横行しています。

危険サイトを見分ける非常にシンプルな判断方法は3つ。

1:利用者に1円でも請求してきたら、そのサイトは危険

最初は無料といいつつ、後から「ポイントサイト利用を継続するには有料サイトに登録してください」とか「月額利用料が掛ります」などと、
支払いを求めてくるサイトはポイントサイトではありません。
ポイントサイトは利用者に広告費の一部を還元する仕組みですから、金銭を要求してくることは構造的に有り得ません。

2:換金条件額が高過ぎる

通常は最低換金条件は500円未満から2000円程度が一般的。
最低換金額が5000円以上10000円以上からなんてサイトがあれば、
それは最初から換金させない為の設定です。
どれだけお得なキャンペーンをやっていても、絶対に乗ってはいけません。時間の無駄です。

ポイントサイトは広告を利用することでポイントを還元するサービスです。ですから広告も利用せずに「ポイントサイトに登録しただけで1万円が貰える!」など、何もせず高額金が貰えるのは、かなり怪しいです。

3:運営会社を検索すればわかる

安全の判断として、運営情報から会社名をコピーして検索をかけてみること。

危険サイトは、会社住所と、他にもポイントサイトらしきものをやっているくらいで、それ以外の情報はまず出てきません。
経歴がなく、資本がなく、実績がありません。
派手に会員を集め、広告費は還元せず、いずれ夜逃げのように閉鎖され、社名を変えての繰り返しです。
貯めたポイントは無駄な労力として終り、顧客名簿を売られてしまうリスクが高いです。


こんな人が騙される

ポイントサイトは大きな案件を除けば、1円~100円をコツコツと積み上げて稼ぐサービスです。
稼ぎ方を理解せず「時間の無駄だ。もっと楽に大金を稼げるものはないのか!?」と欲を出す人が危険サイトに登録して騙されます。
そういった人はポイントサイトに限らず、アフィリエイト教材の悪徳商法でも騙されます。

ポイントサイトは企業から広告を受けて、広告を利用するお客さんを集め、企業とお客の間を橋渡しをする仲介役です。 信用を得ていなければ成り立たないサービスです。
安全性においては非常に力を入れており、利用者の情報共有も幅広い為、危険サイトの入る余地はありません。

ですから普通にポイントサイトを初めてみようと思っている人は、
紹介サイトでおすすめを調べていれば、まず危険サイトに引っ掛かることはありません。

紹介制度がネズミ講?

ポイントサイト危険性2

これはよく指摘されていることで、
『友達を紹介したら、友達が稼いだポイントの何割かが、紹介した人にも永久的に入ります』
(もちろん友達のポイントは一切減ることはありません)
形だけを見れば、確かにネズミ講に似ていますが、私は紹介システム自体は真っ当なビジネスの形態だと思っています。

そもそもネズミ講の何が問題かといえば、
実態のないサービスを買わせたり、ただの飲料水を高額で売りつける。といった、販売行為そのものが詐欺であり、 何の価値の無いモノに高値を持たせ、紹介すれば貴方にも配分され、
親⇒子⇒孫⇒ひ孫⇒玄孫と無制限に増殖していくという紹介システムを悪用していることが問題なのです。

ポイントサイトの場合、
紹介はほどんどが1段階のみで、入会金を取られるとか怪しいモノを買わされるようなことは一切ありません。

楽天市場を利用する、じゃらんで旅行の予約をする、高島屋でお歳暮を選ぶなど、一般企業サイトの広告塔でしかなく、
そこを利用するお客さんを増やすために、紹介制度を設けて紹介謝礼を払っているに過ぎません。

また、紹介する人は自分のブログなどでバナーを貼って、ポイントサイトの魅力を宣伝してくれています。
ブログが閉鎖しない限り、その記事が永久的に宣伝され続け、記事を見て新しい登録者が増えていくのですから、紹介料が永久的に入るのは、CM料を払っているともいえるわけです。

内容が全く違うのに偏見だけで誤解しているのか、紹介料を得ている人への妬みなのか、
詐欺だ!なんて馬鹿馬鹿しい話だなと思います。


リスク・トラブルはあるの?

詐欺とか悪質手口とは違いますが、気をつけておかないと、リスクとなりトラブルへ発展するかもしれない点が2つあります。

ポイントの有効期限

サイトによって異なりますが、有効期限は半年から1年間です。

期限を気にせず放置して、気が付けば突然ポイントが消失していた。なんてことに見舞われないために、

  • ログインする
  • メールを受信する
  • 広告を利用する
  • こまめに換金していく

サイトによって条件は異なりますが、要は毎日普通に利用していれば、消失のリスクは避けられます。

運営側に悪質と判断される利用

登録してくれたらギフト券あげる。など報酬で勧誘する行為は禁止されています。

また、家族や親戚分など1人で複数のアカウントを作成したり、 携帯が故障してメールアドレスが変わったからと、勝手に別アカウントを作成したりすると 場合によってアカウントの凍結・強制退会させられます。

そうしたトラブルが起きない為に、サイトにはサポート窓口が設けられています。
大丈夫かな?と思ったら、すぐに問い合わせてみましょう。メール一本で済むことです。

見方を変えれば、こうしたサポートがしっかりしているか否かで、そのサイトの良し悪しを判断することができるわけです。

個人情報は安全なの?

最大手の「げん玉」の個人情報保護方針を見てみると、取得した個人情報は
・会員が取得したポイントの管理
・メールマガジンの配信
・ユーザーサポート業務

等に使われる程度で、企業向けに売ったり渡したりはしていません。

一般的に普及している「Tカードポイント」や「楽天市場」などは、規約にグループ会社やサービス提供者に情報を渡すとしっかり明記されており、大手企業の方が積極的に個人情報を流用する傾向にある御時勢です。
それらと比べれば、ポイントサイトの情報管理は安全な部類に入ります。

私はポイントサイトを10年以上利用していますが、これまでに個人情報のトラブルに巻き込まれたことなんて1度もありません
むしろ楽天の広告メールの方が煩わしかったくらいです。
安全性が高さには長年の実績があります。


ポイントサイトは稼げるの?

ポイントサイト危険性3

最初は誰もが疑問に感じるところでしょう。
結論から言えば「お小遣いなら確実に得られます」

バナーをクリックしたり、ゲームをしたりと、無料でできるコンテンツを毎日やって、数百円から千円単位。
最初は小額の積み重ねです。そこで投げ出す人は、どんなお金稼ぎにも向かない人です。
商売人や企業ほど10円100円のコストに心血を注ぎます。それが積み重なると、万単位になることを知っているからです。
ポイントサイトは継続していくことが何よりも大切です。

広告利用は案件によって還元率が数十円から数万円の幅があり、
最近は文章作成の仕事や、口コミを書くことで無料でポイントを稼ぐことができますので、どれだけ活用するかで稼げる額は大きく変わります。
複数のサイトでポイントを稼ぎ、合計することで1万円単位のお小遣いを得ることができます。
さらに紹介制度で紹介人数を増やすことで、10万30万と収入を増やしていくことも可能です。

儲かる情報料に数十万払わされるとか、株やFXのようにハイリスクハイリターンなどではなく、 誰でも無料で続けることができ、取り組んだ分だけ稼げるのがポイントサイトです。

まずは1日10分、空いた時間から試してみてください。

ポイントサイトおすすめ最新版。確実に稼げる方法。


◆ 合わせて読みたい ◆