ポイントサイトを始めたらこれだけは買っておきたい

ポイントサイトを始めたらお小遣いを稼ぐ、ショッピングやサービス、マイルを貯めるなど、好みは人それぞれですが、一家に一人に1つ買っておくべきアイテム があります。

それが『防災セット』です

地震予測地図

地震予測地図では、関東大震災、東海地震、南海トラフ巨大地震はいつ起こってもおかしくない状況です。

平成30年度の地震調査委員会では、南海トラフでのマグニチュード8以上の巨大地震の発生確率が「80%」に上昇。関東では茨城県で「70~90%」と発表されました。

東日本大震災は予測で高確率が表示された間もなく発生しています。

実際に災害が起こると、救援は大きく遅れます。陸路が寸断され、人手も足りないため、救援物資が届かず、熊本地震では地震発生から5日後にようやく輸送の目処がたったほどです。

つまり、1週間分は自分たちで準備しておくことが必須なのです。

近年では、豪雨多発、Jアラート、都心部での帰宅難民の問題も深刻化しています。

飲料水の予備はあるけど、震災時に持ち出せるよう1人1セットを備えている家庭はまだまだ少なく、 また今度。そのうちに。では遅いのです。

ポイントサイトを始めたのなら、ポイントを稼ぐついでに安全安心も手に入れておくべきです。

私も防災セットを購入しました。

アットレスキューの「SHELTER」

SHELTER

価格は11880円 送料無料

楽天市場の防災セットランキングで1位になっていた商品で、トヨタ・KDDI・水上警察・日本郵便などに納品実績のある会社です。

防災セットをポイントサイト経由で購入

注文後すぐに届きました。当日から使えるよう25品が最初からセットされています。

消費期限の一覧シートが付属されいて管理に便利。

防災セットチェックシート

購入が2017年末。水と食料の消費期限は、2022年~2025年。

購入からしっかり5年保管できるようになってて安心できました。

上位商品と何が違う?

防災セットにはワンランク上の「LAPITA」があります。

LAPITA

価格は19800円 送料無料

内容を比較してみると、

  • 簡易寝袋⇒圧縮ブランケット
  • カンパン⇒カレー
  • 食器が付属
  • ヒートパック(食材等を温めるアイテム)が付属
  • スリッパ・3mロープが付属
  • エアマット⇒ワイド型

圧縮ブランケットとヒートパックは個別で500円から1000円ほどで販売されていますし、 残りのものは100円ショップで購入して補填できますから、 価格差が約7000円を考えると、「SHELTER」を購入して必要な物を足していくのが良いでしょう。

「SHELTER」を選んだ理由

上位商品はデザインが良いのですが震災時には実用性こそが一番大事。

セカンド・サイドポケット等、小物収納が充実していること。

直ぐに取り出せるものを入れておくことで毎回リュックの中を引っ掻き回さずに済みます。

また、赤ちゃんがいる家庭、女性、ご老人、寒冷地、個人によって積める荷物は千差万別。 買ったら終りではなく、必ず追加品が出てきます。

収納スペースが余裕

まだまだ余裕があります

収納に大きな余裕があるのは絶対条件です。

私は付属ランタンは取り出して枕元の非常灯に利用(充電ダイナモがあるからライトは2つもいらないと判断) 代わりに別途購入した非常食をプラスしました。

ポイント:追加しておきたいアイテム

  • 買い物ビニール袋
  • タオル
    (洗面用と防寒用2枚。首に巻くだけで体感温度は全然違います)
  • 洗濯バサミ
  • 輪ゴム
  • ポケットティッシュ
  • 歯ブラシセットと水のいらないシャンプー
  • ペンと貼り付けるメモ用紙
  • アイマスクと耳栓
  • イヤホン

避難所生活では必ず役に立ちます。100円ショップで買い揃えてセットしておきましょう。

3日間生き延びたあとも避難所生活は続きます。お風呂に入ることはできません。
下着の予備は必須です(女性は生理用品も)

便利技

衣類はかさばります。
旅行用の圧縮袋を活用しましょう。

特殊構造で空気を抜くだけでコンパクトに圧縮できます。

1枚数百円程度。ネット通販でも購入できます。
リュックに入れるのでSサイズが良いですね。

ポイント:非常食を備蓄する

防災セットに入っている、お米3食・カンパン・水3本では大規模災害時には足りません。

内閣府からも1週間の備蓄が望ましいと記載されています。

非常食は追加で購入しておきましょう。

私が購入したのは「非常食7日間満足セット」

非常食7日間満足セット

これも楽天市場ランキング上位商品です。

消費期限

購入は2017年末。消費期限は2022年末から2023年春まで。
こちらも安心できますね。

1人で7食分もしくは家族で分け合って保管しておきます。

まとめ

震災が多発する現在、防災セットは携帯と同じように1人1台の時代。

備えているかいないかで全く違います。

食料品なら5年、グッズなら10年近くは取替え不要。

1度揃えれば「最低5年間の安心が手に入る保険」だと思って下さい。
小学1年生が成人式を迎えるまで、たった3回で家族の安全に備え続けることができるのです。

ポイントサイトを始めたら、ショッピングにお小遣い稼ぎと、お得な毎日が楽しめます。
その中で、防災セットの必要性。を忘れず、ポイントライフを充実させて下さい。